障害調査のバックヤード

前回は物理障害(おもにハードディスクの機械的要因による障害)の現場をレポートさせて

戴きましたが、今回は引き続き論理障害(一般にOSファイル破損やユーザーの意図しない

データ削除などによりファイルの閲覧が出来なくなるなどの障害) による調査がどのように

行われているのか?にスポットを当ててみたいと思います。

 

日本データ復旧サービスセンターでは、受入れ検査が終わったパソコンは間髪を入れず、

次の分解工程へと送られます。

 

大半のパソコンは適切なサイズの箱で送られてくるのですが、中にはこんなパターンも。

よほどお急ぎだったとか、ちょうど良い箱が見つからなかったとか、出荷までさまざまな

苦労があったことが伺えます・・・。

 

hdd in box.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ご苦労にもめげずハードディスクを送っていただき、誠にありがとうございました o(*^▽^*)o

 

【出荷のご用命は・・・】

・クロネコヤマト パソコン宅急便  / 0120-01-9625

・日本通運 パソコンポ / 0120-41-0202

 

個体管理のためのラベリングが終わると、さっそくパソコン内部の埃をクリーニング。綿ぼこり

から粉塵、泥、タバコのヤニまで、皆様がパソコンの内部は意外と汚れています。ヨゴレを

落とし、気持ちよく調査チームに引き継ぎます。調査中、パソコン本体は再び箱に戻し、

電子錠と監視カメラに守られたセキュリティゾーンで厳重保管されます。(・・・のため、画像は

非公開です)

  

Cleaning machine.JPG 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キレイになったパソコンから、いよいよ調査媒体(ハードディスク)を取り出します。各メーカー、

各年代のさまざまな機種が今日も続々と到着してきます。ここが分解担当者の腕と知識の

見せ所・・・。時間とせめぎあいながらも、どんな機種が来ても安全・確実・丁寧な作業を

心掛けています。

 

Removal.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハードディスクの取出しが終わると、次回は復旧の第一歩、初期診断について

ご紹介します。 (^▽^) /

 

 

 

 

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。