障害調査のバックヤード(3)

前回の予告のとおり、いよいよデータ復旧調査の核心的な部分についてお伝えすることに

なりました!

 

解体を終えたパソコンから取り出されたハードディスクは、どのような経緯を持つ媒体(ハード

ディスク等、ご依頼のあったハードウェア類は調査媒体と呼ばれています)なのか、緻密に

記載されたレポートとともに、迅速に調査専門のチームへと引き継がれてゆきます。

 

 

wall.JPG

この壁の向こうで調査が

行われていますが、部外者

の立ち入りは制限されて

います。

(ナゾ?の領域

です・・・)

 

 

 

まず、媒体の状況レポート

じっくり目を通したスタッフ

ハードディスクを注意深く

複製機に接続します。(ここ

で複製が作られるようです)

 

 

 

 

 

 

複製されたハードディスクは調査用パソコンに接続され、専用ツールによって、本格的な

読み取りが開始されます。暫くすると、見えなかったはずのデータが、次々と画面上に

姿を見せ始め、見つかったデータは別な媒体へと効率よく復旧されていきます。


 

key.JPG 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・

★☆サービスに鍛えられた技術で手軽に復旧が可能 > ファイナルデータ 8.0 はこちら!

・・・・・・・・・・・ 

 

よく見ると、調査中のハードディスク周辺には、加熱を防ぐための冷却機材が設置されて

いるようです。これも匠の技。作業効率を上げるための努力や工夫が、このブース内の

あちらこちらに伺えます。


調査チームは限られた時間とせめぎ合いながら、調査を進めては、その都度スタッフが

MTG重ね、媒体の状態の管理や効率の良いデータの取出し方、そして何よりお客様

ご希望に即したデータ復旧を確実にこなせるよう、日々努力を重ねています。

 

 


usb.JPG 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

決して一筋縄ではいかない仕事ですが、黙々と仕事をこなす調査チームの熱意には本当に頭が下がります。

 

 

noa.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


今夜も不夜城と化した

NOAビル。今夜も遅くまで調査が進む・・・(と思われますので

私はこれにて失礼させていただきます・・・ m(_ _;) ゴメン!!

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。