「アプリもそのまま移せる、市販ソフトでWindows 7のデータ移行」が日経 xTECHサイトに掲載され、「ファイナルパソコン引越しシリーズ」が紹介されました。

日経 xTECHサイトにて2020年1月14日にWindows 7のサポートが終了を前に「どうする?Windows 7のデータ移行」をテーマとした記事で、簡単な操作でユーザーデータをコピーでき、手軽に環境を移行できる市販の移行ソフトとして「ファイナルパソコンデータ引越しシリーズ」が詳しく紹介されています。記事の内容につきましては、下記サイトをご参照ください。

※本記事をご掲載いただきまして、誠にありがとうございました。

▼日経 xTECHサイト「アプリもそのまま移せる、市販ソフトでWindows 7のデータ移行」
https://tech.nikkeibp.co.jp/it/atclact/active/18/060300119/060300004/?n_cid=nbpnxta_mled_act

日経 xTECHサイト掲載イメージ

▼関連製品
ファイナルパソコンデータ引越しシリーズ

【応援特価】Windows7サポート終了まであと約200日!「データ移行応援セール」★2019年6月24日(月)15:00まで

【応援特価】Windows7サポート終了まであと約200日!「データ移行応援セール」

6月を過ぎるとWindows7サポート終了まで残り200日をきることになります。
まだまだ余裕があるように思えますが、
OSの乗り換えやパソコンの買い替えを予定している方は、
慌てないように対処しておきたい時期ですね。

AOSストアではパソコンのデータ移行を応援するためのセールを実施します。
データ移行ツールの「ファイナルパソコン引越しWin10特別版」がいつもよりお得です。

ところで、なぜWindows7を続けることは危険なのでしょうか?

Windows10の特徴としてセキュリティが強化されています。
セキュリティなら「ウイルスソフトを使っているから大丈夫?」と思いがちですが、
OSやアプリケーション自体の脆弱性をウイルスソフトは直すことはできません。
両方の対策ができてこそ安全な環境だといえます。

「ファイナルパソコン引越しWin10特別版」なら、
Windows7からWindows10へのデータ移行がスムーズにできます。

引越し前には「AOSBOX Cool」でクラウドへバックアップをすると、
大切なデータを失うリスクを減らすことができます。
引越し後も全自動でバックアップできるので、この機会にご検討ください。

皆様の安全なパソコンライフのために、データ移行ツールで応援します♪

●【Windows7サポート終了まであと約200日!】データ移行応援セール → 対象商品一覧へ