日米法人用パソコン移行ツール シェアNO.1、「ファイナルパソコン引越し enterprise」 Windows 10対応版 提供開始

日米法人用パソコン移行ツール シェアNO.1(*1)
「ファイナルパソコン引越し enterprise」 Windows 10対応版 提供開始

データバックアップ、データ復旧、データ移行、データ消去などのデータ管理製品及びサービス開発・販売のAOSデータ株式会社(本社:東京都港区/代表取締役社長 春山 洋)は、日米NO.1(*1)のパソコン移行ツール「ファイナルパソコン引越し enterprise」のWindows 10対応版の提供を本日より開始いたします。
「ファイナルパソコン引越し」は、全米No.1(*2)のパソコン移行ツール「PCmover」を日本市場に合わせて再開発したパソコン移行ツールです。開発元のLaplink社のCEOはマイクロソフトのジェネラルマネージャーを歴任し、さらにLaplink社はWindows 10の移行ツールとして米マイクロソフトと提携し「PCmover」を提供しています。
日本市場においては、AOSデータとマイクロソフトが連携し、新しいWindows8.1または、Windows 10のパソコンを購入するユーザ向けに、「ファイナルパソコン引越し Win10特別版」を提供し、簡単で安心にデータの移行を行なえるよう支援しております。
今回提供を開始する「ファイナルパソコン引越し enterprise」は、中堅、大企業のお客様向けに提供しており、管理者のパソコンで各パソコン、各部署の移行ルールを設定するだけで、大量のパソコンのデータを一括で移行でき、社員の業務を停滞させることなくパソコンのデータ移行を完了することができます。
(*1) 日本での販売本数、累計800万本突破の「ファイナルパソコン引越し」は、全米No.1のパソコン移行ツール、Laplink社の「PCmover」を日本市場に合わせて再開発した世界標準のパソコン引越しソフトです。日本では市場シェア65%の実績。
(*2) 米国TOP10レビューズ2016 「PC Migration Software Review」 カテゴリーにてゴールドアワード受賞

■ファイナルパソコン引越し enterprise の特長
1)コストと時間の大幅削減
全従業員のパソコンを管理者が一括で移行設定できます。
2)簡単な操作設定
従来のスクリプトから、GUI操作/ウィザード形式へ
3)細やかな機能
詳細なレポート機能で社内のIT資産を管理できます。
160721_hikkoshi_ent
■製品概要
製品名:ファイナルパソコン引越しenterprise (Windows 10対応版)
製品URL:http://aostech.co.jp/hikkoshi/
無料トライアル:https://aostech.co.jp/hikkoshi_form/contact.html
価格:4,000円(税抜) ~

品名 / 型番 / ライセンス単価(税抜) / 年間保守単価(税抜)
・ファイナルパソコン引越し enterprise メディア・マニュアル / FP6-2M / 2,000円
・ファイナルパソコン引越し enterprise ライセンス1~29 / FP6-2L1 / 4,000円 / 800円
・ファイナルパソコン引越し enterprise ライセンス30~49 / FP6-2L2 / 3,800円 / 680円
・ファイナルパソコン引越し enterprise ライセンス50~99 / FP6-2L3 / 3,200円 / 640円
・ファイナルパソコン引越し enterprise ライセンス100~299 / FP6-2L4 / 2,900円 / 580円
・ファイナルパソコン引越し enterprise ライセンス300~999 / FP6-2L5 / 2,600円 / 520円
・ファイナルパソコン引越し enterprise ライセンス1,000~4,999 / FP6-2L6 / 2,300円 / 460円
・ファイナルパソコン引越し enterprise ライセンス5,000~9,999 / FP6-2L7 / 2,000円 / 400円
・ファイナルパソコン引越し enterprise ライセンス10,000~ / FP6-2L8 /別途ご相談/別途ご相談
・ファイナルパソコン引越し enterprise 導入サポートパック / FP6-2SP /200,000円
*年間保守:サポート(専用電話、専用メール)と無償アップデート
*導入サポートパック:移行に必要なポリシー(ルール)作成などの導入サポート(300台までの移行を想定)

■製品仕様
<管理者PC>
○ハードウェア
・PC/AT互換機
・CPU、メモリ、ハードディスクについては、オペレーティングシステム(以下OS)の動作仕様に準拠
○対応OS
Windows Vista/7/8/8.1/10
Windows Server 2008/2008 R2/2012/2012 R2
○必須コンポーネント
・NET Framework 3.5 SP1以上
・ディスプレイ HD(1280×800)以上
・インターネット接続
・ハードディスク空き容量 100MB以上

<クライアントPC>
〇ハードウェア
・PC/AT互換機
・CPU、メモリ、ハードディスクについては、オペレーティングシステム(以下OS)の動作仕様に準拠
○対応OS
・Windows Vista/7/8/8.1/10
○必須コンポーネント
・Microsoft Visual C++ 2010/2012再頒布可能パッケージ
※アプリケーションを移行する場合に必要になります。
・ディスプレイ HD(1280×800)以上
・インターネット接続

■AOSデータ株式会社について http://aosdata.co.jp/
1995年創業のデータ復旧の老舗AOSテクノロジーズの100%子会社として設立。スマートフォンとPCのメンテナンスにおいて、購入から廃棄までライフサイクルに合わせた、様々なサービスと製品を提供しています。
BCN(大手家電量販店のPOSデータを集計した実売)のシステムメンテナンス部門では、7年連続1位の信頼と実績を得ています。今後一層、データバックアップ、データ移行、データ復旧、データ抹消などのデータ管理技術で知的財産を守り社会に貢献して参ります。

【本件のお問い合わせ先】
AOSデータ株式会社 http://aosdata.co.jp/ TEL:03-6809-2578
プレスお問合せ先:広報部 西澤、大塚 Email:pr@aos.com
お客様からのお問い合わせ先:営業本部 パートナー第二営業部 後藤、山田 Email:houjin@aos.com

【いよいよ7/29終了】Windows 10 へのアップグレードをはじめる前に。

いよいよ、Windows 10 への無償アップグレードが7月29日に終了します。
残りわずかですが、アップグレードをはじめる前には万が一のトラブルに備えて、バックアップをお忘れなく!
AOSでは、Windows 10 アップグレードキャンペーン実施中!安全なアップグレードをお手伝いします。


【Windows 10 とは?】大きな変革を起こす、Windows 10
win10guide03-1
<動作機器は、10億台に>
今回は、単なるOSのアップデートではありません。マイクロソフトは、今までのビジネスモデルを変えて、Windows 10 で大きな変革を起こそうとしています。
Windows 10 の最大の特徴は、今まで有償で提供してきたOSのアップグレードを期間限定で無償提供することです。
そして、パソコンからタブレット、スマホ、ゲーム機までがWindows 10 の統一プラットフォームで動作します。

・詳細はこちら
http://finaldata.jp/win10guide/?page_id=13370


【Windows 10 のメリットって?】「今までで最高の Windows」
<起動時間が約3分の1に!>
<スタート メニューが復活!>
<安心のセキュリティ!>

・詳細はこちら
http://finaldata.jp/win10guide/?page_id=13179


【移行ガイド】安全なアップグレードについて
win10upgrade04-1
<まずは、バックアップ>
Windows 8.1/7ユーザーはWindows 10 へ無料でアップグレードできますが、思わぬトラブルが発生する場合があります。
データバックアップとデータ復旧のAOSが、Windows10をはじめる前のお客様に安全なアップグレードをお手伝いします。
OSアップグレードの際にバックアップをとって万が一に備えるために「ファイナル丸ごとバックアップ」と「AOSBOX Cool年額版」をご提供しています。

・詳細はこちら
http://finaldata.jp/win10guide/?page_id=13238


win10delete03-1
【移行ガイド】万が一、データが消えてしまったら・・・
<まずは「ファイナルデータ」>
古いOSからOSから新しいOSに変更する際には、以前のOSで使っていたアプリケーションソフトが動かない場合や、データトラブルなどが発生するリスクがあります。
万が一、アップグレードでデータが消えしまった時は、まずはデータ復元ソフト「ファイナルデータ」をお試しください。
それでもだめなら日本データ復旧サービスセンター「データ119」へご相談ください。

・詳細はこちら
http://finaldata.jp/win10guide/?page_id=13562


東芝ソリューション販売 TaMATE™ クラウドコンテナ 全自動クラウドバックアップサービス「AOSBOX Business」の提供開始

東芝ソリューション販売 TaMATE™ クラウドコンテナ
全自動クラウドバックアップサービス「AOSBOX Business」の提供開始

データバックアップ、データ復旧、データ移行、データ消去などのデータ管理製品及びサービス開発・販売のAOSデータ株式会社(本社:東京都港区/代表取締役社長 春山 洋)は、東芝ソリューション販売株式会社(本社:川崎市川崎区/取締役社長: 大和田 昭彦)と共同で、IBM社のエンタープライズ向けパブリッククラウド SoftLayerおよびオンプレミス環境のWindowsサーバーを対象とするクラウド型バックアップサービス「TaMATE™ クラウドコンテナ」の提供を本日より開始します。

本サービスは、データ復旧の老舗が提供する法人向けクラウドバックアップサービスで全米4年連続No.1(*1)の「AOSBOX Business」を採用したクラウドバックアップソリューションです。高度な管理機能やセキュリティ機能を備え、SoftLayer上のサーバー、オンプレミスのサーバーに保管されているデータを、自然災害、ディスク障害などによるデータ紛失トラブルから保護します。
(*1)AOSBOXは全米トップテンレビューズのクラウドバックアップで4年連続No.1を獲得したサービスです。海外ではZoolzの名称でサービスを提供しています。

<TaMATE™ クラウドコンテナの特長>
・Amazon社AWSを保存先にしたクラウド型バックアップサービスです。
・指定したフォルダを監視し、指定した間隔で変更があったファイルを定期バックアップします。
・ファイル毎に、最大100世代までバックアップを保持します。
・オンプレミス対応版は、クラウドと同時にLAN内にあるネットワーク・アクセス・サーバーに同時転送が可能です。

<TaMATE™ クラウドコンテナ サービスメニュー>
■TaMATE™ クラウドコンテナ SoftLayer対応版
・サーバーバックアップ SoftLayer(1台/100GB) (オープン価格)
・バックアップ追加 SoftLayer(100GB) (オープン価格)

■TaMATE™ クラウドコンテナ オンプレミス対応版
・サーバーバックアップ オンプレミス(1台/100GB) (オープン価格)
・バックアップ追加 オンプレミス(100GB) (オープン価格)

●東芝ソリューション販売 TaMATE™クラウドコンテナ サービスご紹介ページ
http://www.toshiba-tsos.co.jp/cloud/backup.htm
TaMATE™ は、東芝ソリューション販売株式会社のクラウドサービス群のシリーズ総称です。

■AOSデータ株式会社について http://aosdata.co.jp/
1995年創業のデータ復旧の老舗AOSテクノロジーズの100%子会社として設立。スマートフォンとPCのメンテナンスにおいて、購入から廃棄までライフサイクルに合わせた、様々なサービスと製品を提供しています。
BCN(大手家電量販店のPOSデータを集計した実売)のシステムメンテナンス部門では、7年連続1位の信頼と実績を得ています。今後一層、データバックアップ、データ移行、データ復旧、データ抹消などのデータ管理技術で知的財産を守り社会に貢献して参ります。

■東芝ソリューション販売株式会社について http://www.toshiba-tsos.co.jp/
東芝ソリューショングループの関連会社として、クラウドソリューション、パッケージソリューションを主体とした情報システムを、企画からサポートまで一貫したサービス体制でご提供しています。
2014年4月、東芝ソリューション株式会社の中堅市場向けソリューション事業(マーケットクリエーション事業部)と、東芝情報機器株式会社のシステムソリューション事業を統合し、中堅市場向けソリューション事業の対応力を強化・拡大しています。

【本件のお問い合わせ先】
AOSデータ株式会社 http://aosdata.co.jp/ TEL:03-6809-2578
プレスお問合せ先:広報部 西澤、大塚 Email:pr@aos.com
お客様からのお問い合わせ先:営業本部 パートナー第二営業部 後藤、山田 Email:houjin@aos.com