ファイナルパソコン引越 導入事例<コールセンター>

<Type2 情報システム部門による移行 / 作業用仮ネットワークを構築して移行>
会社概要
コールセンター、携帯電話の料金回収や与信業務、人材派遣の会社、従業員400名、派遣スタッフ1400名。
課題
SE2名で、移行が必要なパソコンは1800台、移行に6年かかる(年間で300台移行)と試算し、SE増員も検討したが、もっと効率の良い移行方法を模索していました。
(すべてのメールを暗号化していたため、暗号解除、保存、暗号化も含めて、全てを手作業で行うため、作業時間が1台当たり1~1.5時間と試算していました。)
ソリューション
引越ソフトが自動的に暗号化されたメールのデータ移行をおこない、さらにメールアカウントの設定、ドキュメント、デスクトップ環境の移行も自動的に行いました。
その結果、SEを増員することなく、短期間に1800台のパソコンの移行に成功しました。
~ファイナルパソコン引越の導入事例~

WindowsXPサポート終了、自治体、地方公共団体の対応状況は?

去年11月、総務省から全国の地方自治体に関するWindowsXPに関する通達が出て、ネットを賑わしました。
11月22日の総務省の閣議後会見によると・・・、
「まず、サポート期間終了までに更新が完了するように、改めて要請をすると。この春にも、私ども、させていただいておりますけれども、改めてもう一度、半年を切りましたので、要請をしたいと思います。
 それから、やむを得ず更新が完了しないパソコンにつきましては、使用を停止する。それから、もう一つは、使用する場合でも、インターネットに接続しない(後略)」
(総務省のサイトから引用、http://www.soumu.go.jp/menu_news/kaiken/01koho01_02000226.html)
総務省が出した通達は、サポート終了までにWindowsXPの利用を終了するか、更新が完了しないパソコンは使用しないか、インターネットに接続しないで使用するように、という内容です。
去年11月の時点で、全ての地方公共団体の保有パソコンは230万台、このうち13.1%(26万6000台)が、WindowsXPのサポート終了までに移行作業が完了しないそうです。(総務省の調査より)
地方自治体でも、移行作業の進行状況はさまざまで、一例ですが、今年1月31日に以下のような記事もありました。
「宇検村は600台のパソコンを所有する。XPサポート終了前に全パソコンの更新を検討したが、先立つものがなかった。結局、24年度から3年かけて200台ずつ更新することになり、4月以降も200台のパソコンがXPを搭載したまま稼働する。
 現在、94台のXP搭載パソコンを使っている熊本県美里町役場も、切り替えが間に合わない。」
(産経ニュースから引用 http://sankei.jp.msn.com/region/news/140131/kgs14013102080000-n1.htm)
地方自治体が所持しているデータが破壊されたり流出した場合、それがもし自分が住んでいる自治体であれば、自分の個人情報が危なくなり、他人ごとではありません。
マイクロソフトの以下のサイトでは、移行が終了、終了予定の自治体・教育委員会のうち、対応状況の公開を承諾した団体名が掲載されておりますので、ご参考にしてください。
http://www.microsoft.com/ja-jp/windows/lifecycle/xp_eos_public.aspx

デルのコードレスパソコンに「ファイナルパソコンデータ引越9Plus」を搭載

2月4日から4月24日の期間、Dellのコードレスパソコンをご購入される場合、コードレスパソコンシリーズ全製品に、なんと「ファイナルパソコンデータ引越9Plus」が搭載されています。
———(以下、デル社のサイトから引用)—————-
本年4月に、Windows XPのサポート期限切れや消費税の増税が迫り、これらの前にノートパソコンの買い替えをご検討中の方は非常に多いですが、Dellの「コードレスパソコン」であれば、現在お使いのパソコンからデータ移行という面倒な作業も簡単にできます。
AOSテクノロジーズの「ファイナルパソコンデータ引越し9plus」は、パソコン初心者の方でも分かりやすい「おまかせ引越し」機能や「選んで」引越し機能を備え、安心かつ簡単にメール、アドレス帳、お気に入り、音楽ファイル、個人作成データなどを引越しすることができます。また、また外付けHDDを使って離れた所にあるパソコンも引越しすることや、安全に移行作業前の状態に戻すアンドゥ機能を搭載していることも大きな特徴です。
—————————-
ノートパソコンへの買い替えのご予定がある方は、データ引越しソフトが搭載されている、Dell のコードレスパソコンシリーズを是非ご検討ください。
公私ともに、ノートパソコンがコードに縛られていることの不便さを感じていたので、1日1回夜寝る前に充電しておけば、基本的にコードレスで使えるコードレスパソコンはとても魅力を感じます。
買い替えるとパソコンのデータや設定の移動がメンドウ、、、ですが、データ引越ソフトが搭載されていれば、その面倒な作業も簡単にやってくれますので、2回お得ですね。
(以下、デル社のURLです)
http://ja.community.dell.com/dell-blogs/direct2dell/b/direct2dell/archive/2014/02/04/dell-9plus.aspx

ソフトと大容量ハードディスクのセットがお買い得♪[Buy.jp]

■バックアップソフトと大容量のHDDとのお得なセットです
・【バックアップソフト】ファイナル丸ごとバックアップplus
・【HDD】BUFFALO USB2.0用 外付けハードディスク 2TB
のセット商品
⇒【30.7%OFF】12,800円
▽▽▽ 商品詳細ページへ ▽▽▽
・【バックアップソフト】ファイナル丸ごとバックアップplus
・【HDD】BUFFALO ポータブルハードディスク 1TB
のセット商品
⇒【39%OFF】10,880円
▽▽▽ 商品詳細ページへ ▽▽▽
■データが消えた/消してしまった時などに役立つデータ復元ソフト
・【データ復元ソフト】ファイナルデータ10plus 特別復元版
・【HDD】BUFFALO USB2.0用 外付けハードディスク 2TB
のセット商品
⇒【32.2%OFF】17,500円
▽▽▽ 商品詳細ページへ ▽▽▽
・【データ復元ソフト】ファイナルデータ10plus 特別復元版
・【HDD】BUFFALO ポータブルハードディスク 1TB
のセット商品
⇒【39.2%OFF】15,300円
▽▽▽ 商品詳細ページへ ▽▽▽
■新しいPCの容量が、古いPCの容量より少ない時にオススメ!
・【引越しソフト】ファイナルパソコン引越し11plus LANケーブル付 パッケージ(1ライセンス付き)+「1ライセンス」
・【バックアップしソフト】ファイナル丸ごとバックアップplus
・【HDD】BUFFALO ポータブルハードディスク 1TB
のセット商品
⇒【38.9%OFF】16,800円
▽▽▽ 商品詳細ページへ ▽▽▽

ファイナルパソコン引越 導入事例<トラクター製造販売>

<Type5 情報システム部門による移行 / 遠隔作業で実施>
会社概要
北米、欧州、アジアなどでグローバルに事業を展開しているトラクターの製造会社
課題
世界各地に分散しており、言語や管理状態が違う1400台(新しくPCを購入して移行するPCが1000台、OSをアップグレードして移行するPCが400台が混在)のパソコンを効率よく移行する方法を模索していました。
ソリューション
リモートデスクトッププログラムを使用して、世界各地の拠点にあるパソコンを、本社から遠隔操作して移行作業を行いました。世界各地の拠点にいる社員は直接パソコンに触ることなく、約2400~4400時間の削減に成功しました。

XPのサポート終了まであと50日、XPユーザー残り1千万件以上

ウィンドウズXPのサポート終了まであと50日、「まだ1千万件以上のユーザーがいるとみられる」そうです。
それだけいるなら何とかなるかも・・・と思った、ちょっと日本人的なXPユーザーのあなた、人数が問題ではありません。
ウィンドウズXPのサポート終了というのは、「Windows XP 向けのセキュリティ更新プログラムや有償サポート、技術情報のアップデートなどの提供が終了」することです。
それにより、「攻撃者が優位に立ち、Windows XP ユーザーよりも攻撃者のほうが Windows XP の脆弱性情報をより多く入手」できるようになります。(マイクロソフトのサイトから)
サポートされているOSでは、次々と更新プログラムが送られてきます。サイバー攻撃者とのイタチごっこを繰り広げているためであり、サポートされていないOSを使うと、サイバー攻撃者のやりたい放題、非常に高いリスクにさらされることになります。
サイバー攻撃のターゲットがウイルス感染から「情報を抜き取る形に変わった」そうなので、個人はもちろんですが、企業はより被害が深刻です。
解決策はただ1つ、あと50日のうちに、Windows XPの使用をやめて、サポートされているOSのパソコンに引っ越すことです。(続く・・・)

さらに読む

ファイナルパソコン引越 導入事例<自動車部品サプライメーカー>

<Type1 情報システム部門による移行 / 既存の社内ネットワーク環境を利用した移行>
会社概要
全世界向けに自動車部品を供給するサプライメーカー。世界35拠点、従業員数 45,100名。
課題
パソコン環境は拠点ごとに異なり、アプリは数千種類、3,200台のパソコン(2,500台は新規に購入したパソコン、700台はOSアップグレード)の移行を検討、マイクロソフトの移行ツールはアプリの移行をサポートしていないため、別の方法を模索していました。
ソリューション
「ファイナルパソコン引越しenterprise」を使って、引越実行ファイルと移行ルールを共有サーバー上に置き、各拠点のパソコンから、移行ルールに従い、自動移行を行いました。
3200台のパソコンの移行作業が、手作業でやる場合に比べて、9500時間を削減、3億8400万円のコスト削減に成功しました。
~ファイナルパソコン引越の導入事例~

【BCNアワード受賞記念】PC、iPad mini 等が当たるキャンペーン実施中!

AOSテクノロジーズは、システムメンテナンス部門において、5年連続、5回目の【BCNアワード】を受賞しました!
感謝の気持ちを込めて、パソコン、iPad mini 等が当たる「【BCNアワード受賞記念】Wチャンス★プレゼントキャンペーン!」を実施しております。
【BCNアワード受賞記念】Wチャンス★プレゼントキャンペーン!
 ■キャンペーン概要
・応募対象者
 2014年1月17日(金)~3月31日(月)に対象サイトでお買い物をされた方  ※応募締切:4月2日(水)
・キャンペーン対象サイト
 [Buy.jp] http://buy.jp/  [Finaldata.jp] http://finaldata.jp/
・プレゼント賞品
 -特賞A:Windows 8 搭載 ノートパソコン ・・・ [1名様]
 -特賞B:iPad mini           ・・・ [1名様]
 -特賞C:空気清浄機          ・・・ [1名様]
さらに、ダブルチャンスでは、 特賞の抽選にもれた方の中から、抽選で10名様にPCソフトをプレゼント!
▽▽▽ 応募ページへ ▽▽▽

ファイナルパソコン引越し 導入事例<大手通信会社>

<Type1 情報システム部門による移行 / 既存の社内ネットワーク環境を利用した移行>
会社概要
通信事業における占有率は業界第2位、従業員数 4万1,100名
課題
22拠点に分散した17,000台のパソコンを移行、手作業で移行すると数年かかると考えられたため、移行時間の削減が必要でした。
ソリューション
「ファイナルパソコン引越しenterprise」を使って、基本の移行ルール(全社に共通する移行ルール)とローカルルール(各拠点ごとに異なる移行ルール)を2段階で設定することで、各従業員の操作はワンクリック程度の作業で移行の自動化し、移行費用と、移行時間の削減に成功しました。