USBブートで復旧:「ファイナルデータ10plus」

「ファイナルデータ10plus」を使うと、CDドライブがないパソコンでも、USB起動(ブート)でデータ復元をすることができます。
データ喪失トラブルの中で、Windowsが立ち上がらないためにPC中のデータにアクセスできなくなるというケースが多々あります。
このような場合に、そのパソコンにCDドライブがついていれば、データ復旧ソフト「ファイナルデータ」のパッケージに入っているプラグラムCDを挿入してPCを起動し、データ復旧を試みることが可能です。Windowsが壊れていてもデータ自体は無事、ということも多いので、そのようなケースでは非常に有用な方法でした。
ところが、最近のパソコンは薄型、軽量化が進んだために、CDやDVDを読み込むためのCD-ROMドライブがついていないモデルも多いのです。そのようなPCのWindowsが起動しないときには自力でソフトを使ってデータ復旧をすることが難しくなります。そのような場合は、データ復旧業者に依頼するしかない、となると、費用を考えて二の足を踏んでしまう方も多かったはずです。
ところが、「ファイナルデータ10plus」ではUSBメモリから起動(ブート)してデータ復旧をすることが可能になりました。

さらに読む