RAIDを再構築:「ファイナルデータ10plus」

今日は「ファイナルデータ10plus 特別復元版」の新機能、「RAIDの再構築」についてご紹介します。
RAIDを組んでいて、ディスクが壊れてしまって中のデータが見えなくなる、アクセスできなくなることがあります。
そのような場合に、そのRAIDをファイナルデータが自動的に再構築してくれる機能です。
これは、RAIDを組んでいる方には大変に有効な、画期的な機能なのです。
障害が発生すると、多くの方がRAIDのディスクを入れ替えて再構築をしてしまいます。
RAIDのシステム上は、再構築は正当な方法です。、
ところが、これをしてしまうと、データを復旧できる可能性は非常に低くなります。
そこで、「ファイナルデータ10plus」の新機能「RAIDの再構築」の登場です!
この機能で、ファイナルデータが壊れたRAIDを仮想的に再構築してくれます。
それによって、中のデータを、復元、つまりデータを回収できる可能性がでてきます。
RAID0と5に対応し、HDDが物理的に損傷してしまった物理障害の場合には対応しませんが、論理的な障害には対応するので多くのケースに活用いただけると思います。
RAIDを使っている方は、ぜひ覚えておきたい機能ですね。
・・・・<<< データ復元ソフト「ファイナルデータ」シリーズ >>>・・・・・
新機能が充実! 業界最高峰ソフトウェアがさらなる進化を遂げた!

データ復旧サービスご利用者の声 その2

今日も、パソコンやサーバーのデータ復旧サービスを利用したユーザーの方の、ナマの声をご紹介します。
前回は、早く取り戻したい」というお客様の立場になって、
迅速な対応、効率良い作業を心がけていること。
そして「迅速な対応、ありがとう」という声をご紹介しました。
今日はその反対で
「長い時間がかかっても、丁寧に、最善を尽くす」
という方針についてご紹介します。
このブログを読んでいらっしゃる皆さんはすでにご存知だと思いますが、
データ復旧サービスは、いまや戦国時代。
私達がファイナルデータを発売した当初は、
データ復旧という言葉すら知らない方がほとんどだったのですから
時代は変わったものです。
さて、そのような状況ですから、当然価格競争もあります。
スピードの速さや低料金を謳い文句にしている業者さんもものすごく多いのです。
しかし、スピードと低価格に極端にフォーカスすると、
1件の復元作業から得られる利益は少なくなります。

さらに読む

データ復旧サービス ご利用者の声

こんにちは。
今日は久しぶりに、データ復元サービスを利用された方の感想をご紹介したいと思います。
これらは、日本データ復旧サービスセンターにデータ復元サービスをご依頼いただいたお客様の声です。
最近はデータ復元ソフトウェアもすっかり知名度があがって、「データ復旧はプロに頼むと高いので、自分でファイナルデータでやってみる」という方も多いのですが、それでも、日本データ復旧サービスセンターのような専門業者に依頼する方も、まだまだ多数いらっしゃいます。
多くの場合「自分でトライして失敗したら困る(重要なデータ)だから」「自分で作業する時間がない」「複雑な障害の場合(自分では困難)」というような事情があって、データ復旧業者を探していらっしゃいます。

さらに読む