NASのデータ障害と、データ復旧の事例

こんにちは。今日はNAS(ナスと読みます)、つまり、Network Attached Storage(ネットワークアタッチトストレージ)で発生したデータ障害、データトラブル、そしてデータ復旧の例をご紹介します。
NASはその名の通り、ネットワークに直接接続して使うハードディスクです。個別のPCとつなぐわけではないので、LAN接続HDD、ネットワーク対応HDDというような言い方もされています。
かつてはHDDの増設を考えるときにはUSB接続タイプばかりが目立っていましたが、今はUSB外付けディスクももちろん健在ですが、NASの人気がかなり定着しています。
■NAS障害事例■
<状況>
医療団体様が業務でファイルサーバーとして使用しているバッファロー製のRAID対応NAS(TeraStation)が破損。中のデータに一切アクセスできなくなってしまいました。
搭載されている4台のハードディスクのうち2台が壊れてしまったための障害と判明。これはRAID構造であり、かつフォーマットも特殊フォーマットでした。
 
<調査媒体>
NAS全体の容量は1.6TBで、4台のハードディスクでRAIDを組んでありました。
<復旧結果>
細心の注意をはらって調査を実施、約5万点の画像データの復元に成功。お客様にも大変喜んでいただきました。
<お客様の談話>
データ障害、データ紛失を防ぐためRAID対応NASをファイルサーバーとして使用していましたが、一度にドライブが2台も同時に壊れるという事態は想定いたしておリませんでした。今回はかなりのデータを復旧していただいて助かりました。RAIDだからと安心はできないということは非常に勉強になりました。

パソコンが遅くなってきたらチェックすべき項目

パソコンを使っていて、最近動きが遅くなってきたと感じることがあると思います。
一般に、コンピュータの処理速度、つまり動作の速さは、使われているCPUや、メモリ容量などが関係します。高性能なCPUや容量の大きなメモリを積んでいるパソコンであればあるほど、負荷の大きな作業をスムーズにこなすことができます。安価なパソコンはどうしてもCPUやメモリ容量にあまり余裕がない場合が多いのですが、その場合は、例えばビデオ動画の編集などの作業にはストレスを感じる可能性があります。
一方、最初は問題なかったのに、パソコンを数ヶ月、1年と使っているうちにだんだん遅くなったのであれば、たとえば常駐プログラムのためにメモリが不足してきたとか、Cドライブの空き容量が少なくなったなどが原因として考えられます。
動作が遅くなってきたパソコンを少しでも快適に使うために、不要な負荷をかけているものがないかどうかチェックしてみましょう。もしパソコンの動作に邪魔になるもの、例えば不要なソフトなどがあれば掃除したり整頓することも大切なポイントです。
パソコンの動作が遅いと感じる時には、以下のような項目をチェックしてみてください。

さらに読む

RAID対応ディスクのデータを守る

データが急に使えなくなったり、消えてしまう、データ消失。
現代社会は、日常生活の多くのシーンがデジタルデータと密接に関わっている時代です。
パソコンのデータだけでなく、デジカメ、iPhoneやアンドロイド、ウィンドウズフォンなどのスマートフォン、携帯、タブレット端末など、多様な機器が日常的なものとなっています。それだけ、データ消失の危険も増えています。
前に「データ喪失を防ぐ簡単な方法」としてデータ消失対策の王道とも言えるバックアップをご紹介し、さらに「データ喪失を防ぐバックアップのキホン」では、「バックアップ=複数データを用意すること」であるとご紹介しました。
ぜひこの原則は忘れないでください。
ちなみにこの原則は、RAID対応の外付けハードディスクをお使いの場合にも当てはまるのです。
RAIDとはデータ喪失を防ぐためのデータ保存の仕組みです。

さらに読む