Winnyをめぐる問題の変遷。

こんにちは。日本データ復旧サービスセンターです。

著作権法違反ほう助罪に問われ、京都地裁の第一審で罰金150万円の判決を
受けた元東大大学院助手(2ちゃんねるで開発を宣言したスレッドのレス番号
から”47氏”と呼ばれている男性)の控訴審第一回公判が、1/19に大阪高裁で
開かれました。弁護側は「ほう助罪に該当しない」と改めて訴え、検察側は「1審
の刑は軽すぎる」と訴えた模様。

現在は、弁護側と検察側双方が控訴している状況で、Winnyの開発が著作権
侵害目的であったかどうか、また面識のない利用者の違法行為に対するソフト
開発者のほう助罪が成立するかが争点になるようです。

昨今、Winny関連で企業の個人情報保護担当者側が頭を悩ませている点は、
既に裁判とは別な点に移りつつあると思われます。新たな問題の焦点は従業員が
社外に持ち出す(持ち出す行為自体も問題がないとはいえません・・・)個人情報を
含むファイルが、従業員の自宅個人PC(Winnyの入った)を介し、本人が意図せず
流出してしまう・・・のようなケースです。

これは、Winnyを利用したパソコンで入手(交換)したファイルを閲覧すると、ワーム
に感染し、その結果パソコン内に保存されていたファイルがWinny使用者の
意図しないところで、ネット上に流出してしまうといったもの。俗に「暴露ウイルス」
と呼ばれています。

無論、罰せられるべきは・・・という論議も追求されるべきではありますが、現実的な
個人情報流出という『事件』に遭われた企業・自治体は昨今の個人情報保護法の
関係で、ほぼ例外なく社名報道などの憂き目に遭うことが予測され、信用の失墜や
損害賠償の支払いなど、甚大な被害をこうむることになります。

現場は裁判の結論が導き出されるまで、などと悠長なことは言ってはおられない
状況にあり、何とか自己組織からの個人情報の流出に歯止めをかけるため、対策に
奔走せざるを得ないのが現在の状況です。

一連の流出事件を見てみますと、我々は既に、万が一自己の組織が被害にあった
場合、組織内外調査に対応できる何らかの支援手段が必要とされる時代に突入して
いるということなのだと思います。

このニーズに応えることが出来るのがフォレンジックサービスです。

Japan Forensic Instituteのフォレンジックサービスは訴訟やビジネス上の紛争
、証拠の収集や知的財産侵害に関する調査など、国内トップレベルのデータ
復旧技術やモニタリング技術を駆使し、お客様が必要とされるフォレンジック
サービスを提供いたします。社内調査や裁判等に必要なデジタル的証拠の確保に
お役立ていただけます様、お願い申し上げます。

買収交渉とVaio type P

こんにちは。日本データ復旧サービスセンターです。

昨年、ネット上で話題になりました富士通ハードディスク事業が
東芝に買収されるのか?

『富士通からのHDD事業買収 東芝が「交渉は事実」と認める』

東芝は富士通のハードディスク駆動装置(HDD)事業を買収する
方向で最終調整に入った。IT市場にも急速に不況の影響(事業
の統合)が出てきて、各社は事業の選別を迫られている。

 ご参考:『NIKKEI NET IT+PLUS』 https://netplus.nikkei.co.jp/

景気の変動に伴い今後国内のIT各社でも、様々な動きが出て
きそうです。

                   ☆

 

米国時間1月8日から11日にかけて開催された世界最大級の
コンシューマエレクトロニクス展示会「2009 International CES」が
ラスベガスで開催されました。

SONYの発表した『typeP』。女性のジーンズのポケットにミニノート
(Netbook?)が納まるAD(広告)をお目にされた方も多いと思います。

(気になる方はこちら・・・)

 http://www.jp.sonystyle.com/Style-a/Product/P/index.html

このミニノートハードディスク(U-ATA/60GB)も搭載していますが
オーナーメイドモデルでは、SSD(64GB/128GB)の選択も可能です。
ハードディスク(U-ATAについては・・・)周りの話題としましては衝撃
から、磁気ヘッドを保護する機構を採用している点が評価されましょう。

二つのニュースを対比しますと、ネットブックの普及につれ、SSDも
急速に市場に普及している様子が見て取れますし、一方旧来の
機構を備えたHDDはその活躍の場を徐々に縮小する様子が見て
取れます。

数年後には、我がサービスの棚にもSSD製品がびっしり並ぶように
なるのでしょうか?

ハードディスクも、SSDも、復旧といえば・・・ 0120-194-119
 日本データ復旧サービスセンター  http://data119.jp/

Windows7 β(ベータ)日本語版のダウンロードが始まりましたね。

こんにちは。日本データ復旧サービスセンターです。

さて、前回お約束いたしましたWindows7におけるデータバックアップは
どうなるのか?というお話をさせていただきます。

一部サイトでは、スナップショット(壊れないうちにファイル構造の記録を
特定のタイミングで残すやり方)とロールバック(その言葉の通り記録して
おいたスナップショットを戻すこと)が進化すればよいのでは、との声も
聞かれます。

では実際のWindows7はどのような形で、データをバックアップするので
しょう?

Windows7では、Vista時代のバックアップとリストアのシステムが更に
改良されているようです。ファイルやフォルダ単位だけでなく、OSのイメージ
ごとバックアップが出来るようになったほか、ネットワーク上のHDDまでも
バックアップ対象として扱えるようになっているようです。また、起動
ディスクを作成する機能も付加されているようですので、OSのインストール
ディスクがなくても元の環境とデータを復元できる模様。

また、Vista時代にはイメージバックアップの保存先として、HDDかCDか
かDVDを選択(3択ですね)するようになっていた(筆者は未だXPユーザー
ですので・・・)そうですが、Windows7ではネットワーク上の共有フォルダ
にも保存が出来るようになっているようです。

スケジューリングバックアップや差分バックアップ(一度もとの全体バック
アップを取り、後はその差分増減分だけフォローしてゆくバックアップの仕方)
も可能になりました。

手元の情報では、まだ全貌が明らかでないですが、市販されているバック
アップソフトの必須用件を満たしつつあるようです。それでも、ファイル単位等
でのバックアップに固有ソフト向けのプラグインなどが後追いで付加出来る
ような仕組みが採用されている市販バックアップソフトに一日の長があると
いったところでしょうか。

【!】以下のリンクはダウンロードを推奨するものではございません。

(Windows7のダウンロードにご興味のある方は・・・)

  http://www.microsoft.com/windows/windows-7/default.aspx

【!】こちらは推奨・・・。
 

(パソコン/外付けハードディスク/Terastationのデータ復旧は・・・)
  
  日本データ復旧サービスセンター http://data119.jp/
  TEL:0120-194-119

Windows7 遁走曲(とんそうきょく)

こんにちは。日本データ復旧サービスセンターです。

ネット上ではWindows7についての話題が旬のようです。(や、本ブログの反応が
遅いわけでは・・・ (^▽^;)

ジミー・ウェールズ氏の『Wikipedia』で調べてみると、Windows7のネーミングについて
以下のような小噺が書かれています。

開発中のコードネームはBlackcombから、Viennaに変わり、更にWindows7に
改められた経緯があること、製品名の『7』にはWindows1.0から続く7番目のクライアント
向けメジャーリリースであるという意味があるようです。

新機能についての評は各サイトやブログいろいろ出ているようですが、『GIZMODE
JAPAN』では、「Windows7の機能をウォークスルー(動画アリ)」と題して、若干辛口な
コメントを織り交ぜつつ、渦中OSの概要を記事にしています。ご興味のある方は、

 http://www.gizmodo.jp/2008/10/windows_7_3.html

にアクセスしてみてください。

興味深いのは、読者コメント。様々な新機能を盛り込みたがるMicrosoftに対して
やっぱりWindows 2000(Vistaから数え、3世代も前の!)がよかった、とのコメント。
ユーザーがOSに求める価値は凝った(もしくは高速処理風な・・・)ユーザーインター
フェイス(操作感)より、安定性だったり、様々な操作に対する実質的な高速処理
取り扱われる情報の安全性確保であり、これらの要求は既に普遍化しつつあるよう。

OSを作る側に望まれる仕事を考えますと、それは目立つユーザーインターフェイスの
意匠・演出より、OS自体を磨き(信頼性や安全性の向上)つつ、周辺商品の開発や
販売、何より使う人の自由度「=期待」を向上させる技術的・流通・販売努力
「=舞台づくり」といったところではないでしょうか。

せっかくのWindows7リリース、作る側は起動できずループし続けるOSのような、
堂々巡りから抜け出す手立てをOSのなかに具現化して欲しいし、我々中間に立つ
(Microsoftを取り囲む)ソフト・ハード・サービス市場は、この商機を大切にし、お客様に
満足していただける商品を打ち出し、市場活性化を図りたいものです。

おせちの残りをいただきつつ茶の間でTVを眺めていると、伝統芸能である能の

舞台であれ、著名な指揮者のコンサートであれ、舞台と役者が絶妙に絡み合えば

観客の感動がMAXに達することは、我々に古くから受け継がれてきた、至極まっとうな

DNAなのだと心の片隅で思ってみたりもします。

 

→気になるWindows7のデータバックアップについては次回!

 

 

┃|┃┃|┃┃|┃┃|┃┃|┃┃|┃┃|┃┃|┃┃|┃┃|┃┃|┃┃|┃┃|┃┃|┃┃|┃┃|┃ 

 本年も、OSがループして立ち上がらない場合は 

 →日本データ復旧サービスセンター (0120-194-119 を宜しくお願い致します。

┃|┃┃|┃┃|┃┃|┃┃|┃┃|┃┃|┃┃|┃┃|┃┃|┃┃|┃┃|┃┃|┃┃|┃┃|┃┃|┃

アイ・オー・データ HDCN-Uを分解しました。

みなさま、新年明けましておめでとうございます。
日本データ復旧サービスセンターです。

昨年末よりたくさんのお客様に弊社サービスをご利用賜り、まことにまことに
ありがとうございました。おかげさまで、このブログも皆様とともに無事新年を

迎えさせていただくことが出来ました。更に充実した情報をお届けできるよう
努力して参りますので、本年もご愛読いただけます様、お願い申し上げます。

今年始めのブログは株式会社アイ・オー・データ機器のHDCN-Uシリーズ
(最近、徐々に入荷するようになって参りました)の分解記事です。

 

 

PB235312.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、美しくデザインされた筐体ですが、オモテに何も出ていない(ネジが

ない・・・汗)この筐体、いったいどこから分解し始めたら?しばし悩んだ末
おもむろに電源ケーブルの付け根付近にドライバを差込み、Rのついた
部品を取り外しにかかりましたが、こちらはハズレ。アイ・オー・データさんの
「ニヤリ」がこころに思い浮かびます・・・。

PB235318.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もうしばらく悩んだ挙句、とりあえず表面の放熱板のスキマがなんだか
アヤシそうと思い直し、このスキマにマイナスドライバを入れてみたところ
反応ありです。大胆にも放熱板は両面テープで張られていることが分かり
ました。

 

PB235313.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

剥がした後のベタベタを防ぐため、カッターの刃を当て、丁寧に粘着面を
離して行きます。

やっとの思いで放熱板を外すと、またもアイ・オー・データさんの「ニヤリ」が。
ネジがない・・・(泣)

めげずに筐体の外周部分を舐めるように眺め続けること、5分・・・。外周枠と
側面パネル部分は別部品であることが判明しました。ネジがない=ツメや!
(会社のブログですが・・・) 

*新年読者プレゼント。側面パネルのツメ位置の画像。

 

PB235315.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

外周枠を指の腹でいじりながらツメの位置を把握し、無事に側面パネルを開放

させました。

モデルラインナップは250GB~1TBまで揃っています。7,200rpmでない、1TB
のLiteEditionやMac OS X 10.5対応/Windowsでも使えるハイブリッドモデルも
あります。市場価格(価格.com調べ)で1TBモデル(HDCN-U1.0)の最安値は
¥18,580。(*2009.1.7調べ)

弊社の『 超一品.com 』でも是非に扱っていただきたいものです。今年も大切な
データのお取りだしには、『日本データ復旧サービスセンター 』を宜しくお願い
致します。それでは。(⌒∇⌒)ノ””