ひとつの部品から。

こんにちは。日本データ復旧サービスセンターです。

皆様。これは、何の部品だかお分かりになりますか?私たちも初めて
これを見たとき、何の部品か想像も出来ませんでした。(もちろん、パソコン
の部品であることは確かです)

P9244528.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よくよく見ると、その形状から何らかのバネ的効果を求められる部品である
ことが分かります。それに板厚から見るとさほど強いバネを求められる
感じではありません。

更にL字型の金属の一端は鋸の歯のようなくさび形状に成型されています。
(打ち抜かれているのかも知れませんが・・・)どこかに差されて抜けない
必要があるのでしょう。

この部品は、対(つい)で発見されました。何かを2つの部品で押さえていた
(固定していた)ようです。先ほどのバネと併せて考えると、バネ的効果に
より、左右または上下から「何か」を固定&開放する必要があるところに
用いられていた部品であるようです。ただし、固定される相手はあまり重量の
あるものではないようです。

加えてL字型の金属のもう一端には黒い樹脂性のこれまた小さな部品が
取り付けられています。つまりこの部品の一端は金属の板がむき出しの
ままでは、見栄え上、都合がよくない→化粧が必要なところに顔を出して
いたのでしょう。人の目に触れる外装部分に関係のあるところに使われて
いたのではないかと想像出来ます。

以上のような仮説から、パソコンの外装に使われる(あるいは関係する)
部品で、色的には黒い部分、何かを固定&開放する必要があるというヒント
が出来上がりました。これを元にパソコンの周りを丹念に観察してみると
・・・。

バッテリーの固定部品、スイッチ、カードスロットあたりが怪しそうです。
しかし、それらの部品を丹念に見回しても、謎のL字型金属の姿は見当たり
ません。普段あまり気にしない、外装部分?なんてあったっけ?そう思いつつ
どうせなら、同メーカーのパソコンを分解(バラ)してみよう!と思い立った
ようです。(オイオイ・・・今日の出荷が間に合わない)

P9244534.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結局、同メーカーのノート型パソコンを分解して分かったのは、この部品
なんと、LANケーブルコネクターの内側でケーブルが差されたときのクリック
感を出すため&ケーブルが抜けないようにするための部品であることが
分かりました。(この間お昼の食事中の意見交換も含め、1時間45分ほど・・・)
こんなところまで、ディティールにこだわるなんて。パソコンメーカーの苦心の
跡がしのばれます。(ネットブックもいいですが、こういうこだわりのある
パソコンもなかなか捨てがたいもの)

 

┿-━・-━・・-━-・━-・・━・-━・・-━・-・・━・-━・・-━・・-━・・-━・・-━┿

  せっかくの秋の休日!データのお戻し作業はサービスに任せてごゆっくり。        

   ⇒ 日本データ復旧サービスセンター ( http://data119.jp/ )にお申し付け下さい。

 

   送り先 ≫ 〒106-0041 東京都港区麻布台2-3-5 NOAビル9F Tel:0120-194-119

                    日本データ復旧サービスセンター

┿-━・-━・・-━-・━-・・━・-━・・-━・-・・━・-━・・-━・・-━・・-━・・-━┿

はぁ~。日本データ復旧サービスセンターの分解・組込みを担当するCDSの
想像力と好奇心は本日も彼らの食欲と同様、旺盛なのでした。

VISTAパソコンにXPのOutlook Expressを戻そう!

こんにちは。日本データ復旧サービスセンターです。

ようやく夏の暑さも和らぎ、すがすがしい秋空が広がってまいりました。
皆様、いかがお過ごしでしょうか?さて今回はWindows XPで使っていた
Outlook Expressから、Windows VistaのWindowsメールにメール関係の
データを移し変える方法をご案内します。

 

P9244520.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

データ復旧が終わり、お手元に復旧されたデータがCD-ROMやDVDで
届いた際、お客様が新しくパソコンを買い替えている場合、OSはXPから
Vistaへと移行されている場合が多く、納品文書内のデータの戻し方の
ご案内だけでは不十分でしたので、急ぎブログにてご案内をさせて
頂く運びとなりました。

マイクロソフトのホームページでもご案内が掲載されていますので、以下を
ご参照ください。

 

(Windows メールに Outlook Express のデータを取り込む方法)

 http://support.microsoft.com/kb/931515

(他のメール プログラムから Windows メールにメッセージをインポートする)

 http://windowshelp.microsoft.com/Windows/ja-JP/Help/26079ffc-a56f-46aa-b1e8-fcfc9f60be4b1041.mspx

 

また、納品させていただいたデータの中のどこにメールデータがあるか
わからないような場合は、以下をご参考にしてください。

ディリクトリ(管理情報、フォルダの構造のこと)が壊れている場合は
Outlook Expressのメールの送受信履歴(本文)は拡張子(≒ファイルの種類)
「.dbx」にて、メールのアドレス帳をお探しの場合は、拡張子「.wab」で納品
媒体全体を検索してみて下さい。

またディリクトリが構造を保ったまま復旧できた場合は、以下のファイルの
置き場所を参考に目的のデータをお探しください。

(Datawiki:「夏休み特集(その2)「Windows XP」データの戻し方」より)

 http://blog.data119.jp/2008/08/windows-xp.html

 

それでも、お戻しの方法がわからない場合は、専門の担当者がご自宅まで

伺ってデータをお戻しします。以下までお申し付けください。

よろしく m(._.)m  お願いします。

┿-━・-━・・-━-・━-・・━・-━・・-━・-・・━・-━・・-━・・-━・・-━・・-━┿

  せっかくの秋の休日!データのお戻し作業はサービスに任せてごゆっくり。        

   ⇒ 日本データ復旧サービスセンター ( http://data119.jp/ )にお申し付け下さい。

 

   送り先 ≫ 〒106-0041 東京都港区麻布台2-3-5 NOAビル9F Tel:0120-194-119

                    日本データ復旧サービスセンター

┿-━・-━・・-━-・━-・・━・-━・・-━・-・・━・-━・・-━・・-━・・-━・・-━┿

バッファロー HD-CE1.0TU2 分解してみました。

こんにちは。日本データ復旧サービスセンターです。

本日は解体篇です。機種はバッファローの外付けハードディスク
HD-CE1.0TU2です。バッファローの新潮流?各所に新しい試みの見られる
製品です。

参考)バッファロー HD-CE1.0TU2
    http://buffalo.jp/products/catalog/storage/hd-ceu2/
 
目新しいセールスポイントとしては東芝のREGZAに直接接続でき、データ
ストレージとして活用できることでしょう。

参考)東芝 REGZA
        http://www.regza.jp/product/tv/top.html

過日のオリンピックでその必要性を感じた方も多いのではないかと思いますが
振り返って見ると、忙しくても見逃せない、録りたい番組は以外に多いもの。
HD-CE1.0TU2の外観もパソコンの横に設置するハードディスクというよりは
リビング向けのよりスタイリッシュなデザインになっています。

P9174449.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて肝心の中身ですが、これは現行主力のHD-HES系や、HD-HS系のねじ
止め式+フック式による押さえから、フック式(以前のDIU系)に戻った感じがあります。

 

参考)
 DIUシリーズ http://buffalo.jp/products/catalog/item/d/diu/index.html

表面にネジがないので、分解しようとするとちょっと迷うかもしれません。

サイドの筋目から、マイナスドライバーなどを使い順番にフックを解除していきます。
※フックを折らないよう注意してください。フックの形状はこんな感じ。

 

 

P9174451.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P9174454.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

側面カバーが外れてしまえば、中はいたってシンプル。電源はアダプターとして

外部に出ていますし、ファンも積まれていないので、(よく整理されています)
ハードディスクの先についている基盤を外せば、いたって間単にハードディスクの

取り外しが出来ます。

 

P9174457.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P9174456.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハードディスクに一定時間アクセスがないと、自動的に回転を休止させるエコ
機能も搭載したこのHD-CE1.0TU2、皆様のご家庭にも1台いかがでしょうか。
それでは (^ー^)ノ~~Bye-Bye!

 

┿-━・-━・・-━-・━-・・━・-━・・-━・-・・━・-━・・-━・・-━・・-━・・-━┿

  ☆★☆ご好評につき、キャンペーン期間延長しました!詳しくは下記まで。☆★☆        

    ⇒ 日本データ復旧サービスセンター ( http://data119.jp/ )にお任せ下さい。

 

   送り先 ≫ 〒106-0041 東京都港区麻布台2-3-5 NOAビル9F Tel:0120-194-119

                    日本データ復旧サービスセンター

┿-━・-━・・-━-・━-・・━・-━・・-━・-・・━・-━・・-━・・-━・・-━・・-━┿

SONYデスクトップから一体型に転換、その理由は?

こんにちは。日本データ復旧サービスセンターです。9月の連休中にあのSONYが
またも、興味深い発表を行ないました。

今回の発表はデスクトップタイプの商品開発を打ち切るというもの。今後は
モニターを本体に組み込んだ『一体型』と呼ばれるタイプに絞るようです。
海外の小型ノートパソコン攻勢、ノート型が主流となってきている状況の中
SONY製品の独自性を強く打ち出していく姿勢が見て取れます。

SONYのデスクトップシリーズといえば、「タイプR」とは新聞の受け売りですが
実際、品格のあるクールなデザインの中にも、デスクトップとしての機能性を
巧みに盛り込んだSONYのデスクトップ・ファンは、決して少なくないと思われ
ますし、なんとも惜しい話です。

従来、一体型といえば液晶画面のサイズによっては、本体重量が結構な値と
なり、決して取り廻しが良いとはいえない製品が多いのも事実。モバイルに対して
ユーザーのプライベートルームや、リビングへの(壁掛けやキッチンへの”ちょい
置き”も含め)据え置き型設置が見込まれる製品でした。デスクトップから一体型
への転換=画面をどっちにつけるか?(表示装置部分の仕切りなおしとも・・・)
の問題を考えてみました。

ここで、一体型に大転換を図る理由とは・・・?

試みに、最近ユーザーの使い方(パソコンを使用するロケーションと言い換えても
良いでしょう)に大きなシフトは見られるのか?を考えてみると、さほど顕著な
トレンドは伺えません。また、前述したモバイル性や小型化(デスクトップでさえ・・・)
省スペースの潮流とも明らかに方向性が異なるようです。(畑が違う?)

今回の発表の伏線としては、先に発表された同社製の有機EL*やPSPなど(SONY

といえば・・・)

 http://www.sony.jp/products/Consumer/oel/technology/index.html

 (↑ホタルの発光原理からの「有機ELとは」説明が興味深いです)

ゲーム機との売上相乗効果への期待も見え隠れするような気がします。有機ELは
純粋に成長期の製品であり、その特性(高画質、軽い、薄い)を活かして、液晶に
打ち勝つことの出来る舞台を求めており、PSPはその牽引コンテンツ的な役割を
求められているのではないでしょうか。

競合メーカー戦略的には、東芝やSAMSUNGのような、総合的な家電メーカー(?)
以外、純粋なパソコンメーカーとの差異(商品総合力的な)を際立たせようとの
試みではないかと考えるのは安易な読みでしょうか。

もっとも有機ELの活躍の舞台としては、TVやパソコン以外にもデジカメやビデオカメラの
モニター、カーナビなど小面積表示装置への採用もあると思われますが、やはり「インパクト」

の意味ではパソコンのデスクトップから一体型への転換が一番でしょうか?

最後に、データ復旧サービスの現場から一言申し上げるなら、製品は軽いほど良い
し、構造は簡易化されるほど良いのです。また一体型化して、TVチューナー(Youtube
だけでは勿体無いので・・・)が標準搭載され、記憶媒体がさらに大容量化してくれる
ならば、今回の発表は歓迎すべき事実でもあります。

 

┿-━・-━・・-━-・━-・・━・-━・・-━・-・・━・-━・・-━・・-━・・-━・・-━┿

  ☆★☆ご好評につき、キャンペーン期間延長しました!詳しくは下記まで。☆★☆        

    ⇒ 日本データ復旧サービスセンター ( http://data119.jp/ )にお任せ下さい。

 

   送り先 ≫ 〒106-0041 東京都港区麻布台2-3-5 NOAビル9F Tel:0120-194-119

                    日本データ復旧サービスセンター

┿-━・-━・・-━-・━-・・━・-━・・-━・-・・━・-━・・-━・・-━・・-━・・-━┿

 

 

 

 

 

ハードディスク診断ソフトでハードディスクの状態を見てみよう。

こんにちは。日本データ復旧サービスセンターです。

うーむ・・・。パソコンの調子が悪い・・・。6月の梅雨時以来(結局そのまま使い続けて
ますが・・・)、パソコンの調子が思わしくありません。

 『ジニーバックアップ試供版でバックアップ!』(Datawiki 2008.06.24掲載)
   
 → http://blog.data119.jp/2008/06/post-28.html

普段、皆様にあれやこれやとお話をさせて戴きながら、イザ自分が困る番になると
さて、どうしたものかと頭をひねる始末ですが、Datawikiの製作者としてこれでは
いけません・・・。

何かないかと、社内をウロウロしていたところ、弊社のバックアップ自動管理ソフトウェア
『ジニーバックアップ プラットフォームPRO 8.0』の開発者のS氏にお会いし、シリアル
キーをねだってみたところ、ありがたいことに1本ご提供いただけました。また、パッケージ
営業担当のM氏に相談してみたところ、「ハードディスク診断でまずハードディスクの
様子を見てみれば?」と奨められましたので、データの確保のために以下を試して
見ることにしました。

 1.『ファイナル ハードディスク診断 3.0 PRO』でハードディスクの状況を把握。
  (今回は記事製作の為、新規にインストールしています。ハードディスクの状態が
   良くないときには復旧したいデータを上書きしてしまう恐れがありますので、
   新しいソフトのインストールなどはなさらないで下さい)
 2.リカバリーディスクをジニーバックアップにて作成。*
 3.Cドライブ全体のバックアップをジニーバックアップにて作成。
 4.ハードディスクの交換作業。

今回は週末の時間を使い、取り合えず『ファイナル ハードディスク診断 3.0 PRO』で
自分のハードディスクの健康状態をチェックしてみました。(ちなみにご自分のパソコン
のハードディスクの状態が気になる方は、以下で同ソフトの『14日間無料トライアル
体験版』のダウンロードが出来ますので、ぜひお試し下さい。

 無料試供版はコチラ  ≫ http://www.finaldata.jp/shindan/

ダウンロードページこんな感じ・・・。ダウンロードしていただくと、ウィザード画面がでてきます。
後は順序に従ってかんたんインストール。

 

 

HDS_DL画面1.PNG

さらに読む

『ファイナルハードディスク診断3.0 PRO SSD版』登場!

こんにちは。日本データ復旧サービスセンターです。

弊社(AOSテクノロジーズ株式会社)では、Mtron社製のSSD(Solid State Drive
/フラッシュメモリを記憶媒体として用いるドライブ装置のこと)に『ファイナル
ハードディスク診断3.0 PRO SSD版』をバンドルすることが決まりました。(2008年
9月中旬予定)

製品の特徴としては、SSDに搭載されているフラッシュメモリの『書換え寿命』に
着目した点と言えるでしょう。『書換え寿命』はユーザーが使用する頻度やその
パソコンに入っているアプリケーションにより大きく左右されます。最近登場して
いるMLCチップを搭載した大容量SSDでは、書換え寿命に対する不安がさらに
増大している状況です。

今回Mtron社製のSSDにバンドルさせていただくのは、同社製のSSD専用に開発
した寿命診断ソフトで、PCにインストールするだけで、換装されたMtron社製の
SSDの形式を識別し、寿命診断を開始できる製品です。

付加機能として、一定間隔ごとのSSD使用状況をグラフ化するモニタリング機能、
一定の使用回数を超えて寿命が近づくと指定されたメールアドレスにメールで
お知らせしたり、PCの画面上にポップアップを表示するなどのアラーム機能や
指定プログラムの実行機能を備えています。

<Mtron社製SSD用>寿命診断ソフトの購入はこちら・・・

 株式会社JDS直営ショップ http://www.rakuten.co.jp/j-dsolution

 アドテックダイレクトショップ http://www.adtec.co.jp/direct/index.php

<対応OS>Windows Vista/XP/2000/Server2008/Server2003

<SSD対応製品>
 Mtron technology社SSD専用
  MSD-SATA3**シリーズ、MSP-SATA7**シリーズ、MSD-PATA30**シリーズ
  MSP-PATA70**シリーズ、MSD-SATA15**シリーズ
 
 ※ MSD-SATA6000シリーズ/MSD-PATA6000には非対応

以上、『ファイナルハードディスク診断3.0 PRO SSD版』のお知らせでした。それでは。

 

┿-━・-━・・-━-・━-・・━・-━・・-━・-・・━・-━・・-━・・-━・・-━・・-━┿

  ハードディスク診断でしっかり寿命予測!寿命が尽きたら・・・        

    ⇒ 日本データ復旧サービスセンター ( http://data119.jp/ )にお任せ下さい。

 

   送り先 ≫ 〒106-0041 東京都港区麻布台2-3-5 NOAビル9F Tel:0120-194-119

                    日本データ復旧サービスセンター

┿-━・-━・・-━-・━-・・━・-━・・-━・-・・━・-━・・-━・・-━・・-━・・-━┿

SONYの「VAIO TZ」シリーズ無償点検・修理を開始。

こんにちは。日本データ復旧サービスセンターです。

SONYの「VAIO TZ」で本体の電源差込口(DCジャック)周辺、又は液晶画面の枠部が
以上加熱し、外装が変形する恐れのあることが判明したため無償点検・修理が開始
されます。(2008年9月4日)

 http://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/200809/08-0904/index.html

(対象製品)
 
 2007年5月発売モデル: VGN-TZ90HS、VGN-TZ90NS、VGN-TZ90S、VGN-TZ50B 
 2007年9、10月発売モデル: VGN-TZ91HS、VGN-TZ91NS、VGN-TZ91S、VGN-TZ71B
 2008年2月発売モデル: VGN-TZ92HS、VGN-TZ92NS、VGN-TZ92S、VGN-TZ72B
 2008年5月発売モデル: VGN-TZ93NS ※、VGN-TZ93S ※、VGN-TZ93US ※、VGN-TZ73B ※
 オーバーシーズモデル:VGN-TZ37GN/B ※、VGN-TZ27GN/B、VGN-TZ17GN/B

 ※:一部が対象となります。

 対象製品は、全世界で44万台。 (日経トレンディネット)
  → http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/news/20080905/1018416/?top

(不具合現象と発生原因)
 
 当該機種の一部において、製造上の不備により本体部と液晶ディスプレイ部を接続する
 配線が液晶ディスプレイ開閉機構部の金属部品と接触し、開閉するストレスで徐々に
 断線に至りショートが生じ、発熱し外装が変形することがあります。また、内部使用部品の
 不具合によりまれに発熱し外装変形が発生する場合があります。

 

P9084397.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(お問い合わせ先)

 連絡先 : VAIOカスタマーリンク VAIO TZ特設窓口
 電話番号 : 0120-899-773(専用フリーダイヤル) *携帯電話・PHS からもご利用可能。
 受付時間 : 月~金曜日 9:00 ~ 20:00 / 土・日・祝日 9:00 ~ 17:00
 
 ※年末年始は、土日祝日の営業時間になる場合があります。

現在、SONY関連の各サイトでTZを検索すると、無償点検・修理に関する情報が入手出来ます。
当該機種をご利用の皆様、早期に点検をお受けいただけますようご案内申し上げます。

 

┿-━・-━・・-━-・━-・・━・-━・・-━・-・・━・-━・・-━・・-━・・-━・・-━┿

  パソコンの修理前に、ハードディスクの中には貴重なデータを確保したい・・・
        

    ⇒ 日本データ復旧サービスセンター ( http://data119.jp/ )にお任せ下さい。

 

  *ハードディスクから異音がでる場合は、一切の操作をなさらず、現状確保しスグに

  お送り下さい! 

 

         送り先 ≫ 〒106-0041 東京都港区麻布台2-3-5 NOAビル9F

                    日本データ復旧サービスセンター

┿-━・-━・・-━-・━-・・━・-━・・-━・-・・━・-━・・-━・-━・・-━・・-━・┿ 

外付けハードディスクケース考。

こんにちは。日本データ復旧サービスセンターです。

本日のお題は『ハードディスクケース考』。パソコンのハードディスクの調子が
悪くなったとき、あなたならどうしますか?デフラグしますか(禁)?パソコンの
ハードディスクを取り出して別のパソコンに接続しますか?お電話でお話を
伺っていると、以外によく耳にするのが、市販のハードディスクケースに入れ替え
他のパソコンに接続し、中味が見えるかどうか試してみたというお答えです。

イザというときの(根本的な解決にはなりませんが)強い味方、外付けの
ハードディスクケースについて、最近の商品を追いかけてみましょう。

kakaku.comなどでハードディスクケースを検索してみると、まず目に付くのが
そのネーミング。玄人志向をはじめ、裸族~、~お立ち台、ニコイチ、ヨンコイチ、
活かしてスキ間などなど、ほとんどIT系の商品を連想させるのは無理とも思われる
素敵なネーミングが乱舞していました。なかでもセンチュリーのネーミングセンス
(?)が突出しているようです・・・。

外付けのハードディスクケースには、ハードディスクを取り扱う都合上、注意が
必要な熱、静電気、ホコリ、振動、湿気などの環境条件からハードディスクを
守る性能が求められます。また周辺的ではありますが、デザイン性や斬新さ
省スペース性などもあわせ製品のデザインに活かす必要があります。

そのようなポイントを上手く抑え、商品化したのが以下の商品。kakaku.comでも
栄えある売れ筋商品の第1位を獲得しています。

 冷やし系HDD検温番 マットブラック CLS35EU2BF (SATA/3.5用/USB&eSATA)

メーカーはやはり(?)センチュリー。なんと、最安 ¥3,980です。eSATAを使いたい
方や、熱対策を気にされる方にはファン付の製品ですのでオススメです。
正面のミラー加工の窓の中に温度、FANスピードの表示が出ます。泣き所は
PC電源と連動していないと、コメントがあった点でしょうか。でも、この価格です
から、大目に見て下さい。

個人的にオススメは、省スペースタイプの

 裸族のお立ち台 CROSU2 (SATA/2.5&3.5用/USB)

価格は再安¥3,000です。USBなので速度的にはeSATAと比較するとつらい
ですが、これ以上机の上にモノを置けない方々にオススメします。筐体&ファン付
ではないので、静音性に優れますが、熱には注意が必要です。着脱保証回数の
設定有。

以上、『ハードディスクケース考』でした。イザというときのケース選びのご参考に
なれば幸いです。それでは!

 

┿-━・-━・・-━-・━-・・━・-━・・-━・-・・━・-━・・-━・・-━・・-━・・-━┿

  ケースに入れてもダメなときもある・・・!そんなときには        

    ⇒ 日本データ復旧サービスセンター ( http://data119.jp/ )にお任せ下さい。

 

   送り先 ≫ 〒106-0041 東京都港区麻布台2-3-5 NOAビル9F Tel:0120-194-119

                    日本データ復旧サービスセンター

┿-━・-━・・-━-・━-・・━・-━・・-━・-・・━・-━・・-━・・-━・・-━・・-━┿   

  

DELL、データ復旧サービスに参入か?

こんにちは。日本データ復旧サービスセンターです。

秋の小型モバイルの市場投入が既に始まっています。DELLからも法人向け
ノートPC「Latitude」の新製品7機種、およびモバイルワークステーション
「Precision」の新製品2機種が発表されました。

(詳しい記事はこちら・・・)
 http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0809/02/news087.html

最長19時間駆動可能なモデルや重さ1キログラムを切るモバイルタイプなどを
投入し、製品ラインアップが揃いました。

 

新しい製品群は、「バッテリーによる長時間駆動」と「データ保護」にポイントが
おかれた商品として紹介されています。

注目したい点は「データ保護」の部分です。記事の後半にもあるように法人
向けのサポートサービスも商品の一翼をになう要素として考えているようです。
「バッテリー交換サービス」や「HDDのデータ復旧サービス」、「廃棄時の
HDDのデータ破壊」サービスの何れも、従来はハードウェアメーカー本体では
なく、主に関係・協力企業により市場が形成されていたように思います。

大手メーカーが主体となり、本格的に参入するケースとしては先導的なケース
となるのではないかと思います。各メーカーとも、自社紹介による関係・協力
企業サービスだった「データ復旧サービス」の位置に何らかの変化が起こる
ことは確実と思われます。

もっとも、1ユーザーである企業の立場からすれば、各々のサービスを享受
するのに各サービス提供者と改めて取引を行なう手間は省けるので、使い手は
良いサービスになるのではないかと思います。

 

私ども関係企業としても、お客様からのアクセシビリティの部分に新たな変革が

求められる段階に入ったと認識し、サービス利便性の向上に取り組んでゆきたい

と思います。今後とも、日本データ復旧サービスセンターを宜しくお願い致します。

 

┿-━・-━・・-━-・━-・・━・-━・・-━・-・・━・-━・・-━・・-━・・-━・・-━┿

  もう、リカバリーをするしかない!、でも、ハードディスクの中には貴重なデータが !!
        

    ⇒ 日本データ復旧サービスセンター ( http://data119.jp/ )にお任せ下さい。

 

  *ハードディスクから異音がでる場合、一切の操作をなさらず、現状確保しスグに

  お送り下さい! 

 

         送り先 ≫ 〒106-0041 東京都港区麻布台2-3-5 NOAビル9F

                    日本データ復旧サービスセンター

┿-━・-━・・-━-・━-・・━・-━・・-━・-・・━・-━・・-━・-━・・-━・・-━・┿