環境移行ソフト「ファイナルパソコン引越し」や写真・動画移行アプリ「AOS Sync+」、データ移行に関するカテゴリーです。

【期末キャンペーン実施中】データ抹消ソフトが今月だけさらにお得!

■ターミネータ単品が、ポイント20倍!
パソコンの廃棄や再利用をしたい時に大活躍する、データ抹消ソフト「ターミネータ」シリーズ。
AOSオンラインショップ「Buy.jp」では、「ターミネータ」シリーズのソフト単品(パッケージ版)のご購入で、
次回のお買い物にご利用頂けるポイント還元20倍を実施しています!
*アウトレットセール品等、一部除外品があります。
■PC買い替え時のオススメのセットは、さらにお得!
さらに、パソコンを買い換えたときに、古いPC→新しいPCへデータ・環境・アプリ等を移行できる引越しソフト
「ファイナルパソコン引越し」シリーズと、「ターミネータ」シリーズのまとめ買いのセット商品も、
★ 超特価 ★セール中!しかも、ポイント20倍還元
今月は「ターミネータ」シリーズが、いつもよりさらにお買い得になっていますのでお見逃しなく!
▽▽▽ 期末限定ページへ(3/31迄) ▽▽▽

実録:壊れたパソコンから新しいPCに引越しするまで(その1)

「ファイナルパソコン引越し」を使って
電源が入らなくなった壊れたPCから新しいPCへの引越しを実施した
弊社社員のパソコン買い替えと引越しの記録を、シリーズでご紹介します。
~*~*~*~
■パソコンの電源が入らなくなった!

壊れたPC.jpgのサムネール画像昨日、夕方に突然パソコンの電源が入らなくなった。

いくらスイッチを押しても、ウンともスンとも言わない・・・・・・
電源の入らなくなった我がパソコン。
OSはXPで、5年以上、毎日使ってきた。
そろそろ寿命だったのか・・・
沈黙したまま何の反応もない。

さらに読む

パソコンが遅いと感じたら -起動を早くする 2-

前回、パソコンが遅くなった時の対策、特にPCの電源を入れても反応が遅い状態、
いわゆる起動が遅いときの対処法をいくつかご紹介しました。
コンピュータの電源をONにしてからの待ち時間、つまり起動時間が非常に長くかかる
場合の対策としては、起動時の負荷を減らすことがあげられます。
起動を早くする方法には、先にご紹介した
・壁紙を軽くする
・デスクトップ画面にあるアイコンを減らす
・PC起動時に起動するソフトウェアを減らす   という他に
・外部接続した周辺機器の電源を切っておく という方法もあります。
最後の項目について説明しますと、
例えば、外付けのハードディスクやプリンターなどが接続してあると、パソコンを起動してWindowsが立ち上がる際に、その外部機器を認識し終わってから準備完了となるわけです。使わない機器の電源を切っておくことで、Windowsは不要な接続機器の情報を認識しなくて済み、起動時間の節約になります。
ここで、一つ気をつけていただきたいことがあります。

さらに読む

国内クライアントPC市場出荷台数(2011年第2四半期)

皆さんは新しくパソコンを買うときに何を基準に選びますか?
参考までに、IDC Japanが発表した、今年第2四半期のクライアントPC市場出荷台数の実績値から、ベンダーシェアをご紹介しましょう。
これによれば、国内のPC販売台数の1位は、NECで全体の17.4%を占めています。NECは前年同期にも1位ですが、今年は昨年に比べて3.0%のプラス成長です。2位以下は富士通17.1%(同+0.4%)、東芝12.1%(同+15.5%)、HP9・8%(同+12.4%)、Dell9.5%(同-11.8%)と続いています。
この調査はデスクトップ、ポータブルを含むクライアントPC(x86サーバーは除く)の市場出荷台数をIDCが独自のチャネルから調べたもので、それによれば、2011年第2四半期は個人向けと法人向けの両方の市場で前年同期比プラス成長となりました。
ビジネス市場が174万台で前年同期に比べ2.4%の増加。家庭市場は203万台で同3.4%増となっています。
第1四半期は震災の影響でマイナス成長でしたが、両市場の合計で前年同期比2.9%増となり、震災の影響はほぼ終息したと分析されています。

Windows7 遁走曲(とんそうきょく)

こんにちは。日本データ復旧サービスセンターです。

ネット上ではWindows7についての話題が旬のようです。(や、本ブログの反応が
遅いわけでは・・・ (^▽^;)

ジミー・ウェールズ氏の『Wikipedia』で調べてみると、Windows7のネーミングについて
以下のような小噺が書かれています。

開発中のコードネームはBlackcombから、Viennaに変わり、更にWindows7に
改められた経緯があること、製品名の『7』にはWindows1.0から続く7番目のクライアント
向けメジャーリリースであるという意味があるようです。

新機能についての評は各サイトやブログいろいろ出ているようですが、『GIZMODE
JAPAN』では、「Windows7の機能をウォークスルー(動画アリ)」と題して、若干辛口な
コメントを織り交ぜつつ、渦中OSの概要を記事にしています。ご興味のある方は、

 http://www.gizmodo.jp/2008/10/windows_7_3.html

にアクセスしてみてください。

興味深いのは、読者コメント。様々な新機能を盛り込みたがるMicrosoftに対して
やっぱりWindows 2000(Vistaから数え、3世代も前の!)がよかった、とのコメント。
ユーザーがOSに求める価値は凝った(もしくは高速処理風な・・・)ユーザーインター
フェイス(操作感)より、安定性だったり、様々な操作に対する実質的な高速処理
取り扱われる情報の安全性確保であり、これらの要求は既に普遍化しつつあるよう。

OSを作る側に望まれる仕事を考えますと、それは目立つユーザーインターフェイスの
意匠・演出より、OS自体を磨き(信頼性や安全性の向上)つつ、周辺商品の開発や
販売、何より使う人の自由度「=期待」を向上させる技術的・流通・販売努力
「=舞台づくり」といったところではないでしょうか。

せっかくのWindows7リリース、作る側は起動できずループし続けるOSのような、
堂々巡りから抜け出す手立てをOSのなかに具現化して欲しいし、我々中間に立つ
(Microsoftを取り囲む)ソフト・ハード・サービス市場は、この商機を大切にし、お客様に
満足していただける商品を打ち出し、市場活性化を図りたいものです。

おせちの残りをいただきつつ茶の間でTVを眺めていると、伝統芸能である能の

舞台であれ、著名な指揮者のコンサートであれ、舞台と役者が絶妙に絡み合えば

観客の感動がMAXに達することは、我々に古くから受け継がれてきた、至極まっとうな

DNAなのだと心の片隅で思ってみたりもします。

 

→気になるWindows7のデータバックアップについては次回!

 

 

┃|┃┃|┃┃|┃┃|┃┃|┃┃|┃┃|┃┃|┃┃|┃┃|┃┃|┃┃|┃┃|┃┃|┃┃|┃┃|┃ 

 本年も、OSがループして立ち上がらない場合は 

 →日本データ復旧サービスセンター (0120-194-119 を宜しくお願い致します。

┃|┃┃|┃┃|┃┃|┃┃|┃┃|┃┃|┃┃|┃┃|┃┃|┃┃|┃┃|┃┃|┃┃|┃┃|┃┃|┃

VISTAパソコンにXPのOutlook Expressを戻そう!

こんにちは。日本データ復旧サービスセンターです。

ようやく夏の暑さも和らぎ、すがすがしい秋空が広がってまいりました。
皆様、いかがお過ごしでしょうか?さて今回はWindows XPで使っていた
Outlook Expressから、Windows VistaのWindowsメールにメール関係の
データを移し変える方法をご案内します。

 

P9244520.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

データ復旧が終わり、お手元に復旧されたデータがCD-ROMやDVDで
届いた際、お客様が新しくパソコンを買い替えている場合、OSはXPから
Vistaへと移行されている場合が多く、納品文書内のデータの戻し方の
ご案内だけでは不十分でしたので、急ぎブログにてご案内をさせて
頂く運びとなりました。

マイクロソフトのホームページでもご案内が掲載されていますので、以下を
ご参照ください。

 

(Windows メールに Outlook Express のデータを取り込む方法)

 http://support.microsoft.com/kb/931515

(他のメール プログラムから Windows メールにメッセージをインポートする)

 http://windowshelp.microsoft.com/Windows/ja-JP/Help/26079ffc-a56f-46aa-b1e8-fcfc9f60be4b1041.mspx

 

また、納品させていただいたデータの中のどこにメールデータがあるか
わからないような場合は、以下をご参考にしてください。

ディリクトリ(管理情報、フォルダの構造のこと)が壊れている場合は
Outlook Expressのメールの送受信履歴(本文)は拡張子(≒ファイルの種類)
「.dbx」にて、メールのアドレス帳をお探しの場合は、拡張子「.wab」で納品
媒体全体を検索してみて下さい。

またディリクトリが構造を保ったまま復旧できた場合は、以下のファイルの
置き場所を参考に目的のデータをお探しください。

(Datawiki:「夏休み特集(その2)「Windows XP」データの戻し方」より)

 http://blog.data119.jp/2008/08/windows-xp.html

 

それでも、お戻しの方法がわからない場合は、専門の担当者がご自宅まで

伺ってデータをお戻しします。以下までお申し付けください。

よろしく m(._.)m  お願いします。

┿-━・-━・・-━-・━-・・━・-━・・-━・-・・━・-━・・-━・・-━・・-━・・-━┿

  せっかくの秋の休日!データのお戻し作業はサービスに任せてごゆっくり。        

   ⇒ 日本データ復旧サービスセンター ( http://data119.jp/ )にお申し付け下さい。

 

   送り先 ≫ 〒106-0041 東京都港区麻布台2-3-5 NOAビル9F Tel:0120-194-119

                    日本データ復旧サービスセンター

┿-━・-━・・-━-・━-・・━・-━・・-━・-・・━・-━・・-━・・-━・・-━・・-━┿